So-net無料ブログ作成
検索選択
たんぶるうぃーど

外宮 [旅路にて]

 伊勢神宮、正式には「外宮(げくう)」をお参りした後「内宮(ないくう)」をお参りするのが
正式なルート。 前回プライベートで来た時は時間の関係で外宮をパスしたのですが、
今回のツアーは正式にお参りです。
0216a識別020.jpg
 ところで、高速を降りると交差点にこんなモニュメントがありました。
赤い山形は、神宮の屋根を現し、銀色のV字型は屋根の両端にある千木(ちぎ)と
呼ばれるもの。真ん中の丸い丸太は、屋根の上に載る鰹木(かつおぎ)と言う物。
そこでクイズです。 V字型の千木に注目。

先端が水平な左側と、垂直な右側の意味は何でしょう?
0216b下宮044.jpg
伊勢神宮・外宮です。
内宮、外宮とも4重の板塀に囲まれて一番奥に「御正殿」がありますが見えません。

しかも、一番外の塀の中までは一応入れますが・・・
二つ目の塀の門の前で(全くその中が見えない状態で)お参りする事になります。
さらに、
鳥居から中に入ると撮影禁止です。

0216c土宮058.jpg
 近くにある別宮は、写真撮影OKなのでご紹介します。
先ず初めは、土宮です。
ここで、クイズの解答です。

屋根の上に注目。
両端の千木というV字の構造物の先端は、垂直に切られています。
そうです、外宮の千木は全て垂直です。そして、内宮の千木の先端は水平に切られています。
また
屋根の上の丸太・鰹木は外宮では「奇数」の数が載っています。
別宮は五本ですが、御正殿には9つ載っているそうです。

0216d風宮053.jpg
 こちらは、風宮。

0216e多賀宮060.jpg
 そしてこちらは奥にある、多賀宮。

0216f亀石052.jpg
 これら3つの別宮に入るのに、「亀石」と言う亀さんに似た石を渡ります。

0216g三石046.jpg
 そして、その近くに注連縄で囲まれていますが何となく無造作に置かれている石があります。
「三石」と言うものですが、20年毎の遷宮の時にお祓いをする場所だそうです。
その手の方に聞くと、霊地。「気」が立ち上っているとか^^


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
くまら

外宮は確か、
食べ物祭って有るという風に記憶してますが・・・違いましたかな
あっちこっちに祠や社があって、
小銭が幾ら有っても足りなかった事記憶してます^^;

by くまら (2010-02-16 22:50) 

弁慶

くまらさん

そうですね。
天照大神の食事をつかさどる豊受大神を祭っていますね。
衣食住や産業の神様とされています。

お賽銭も大変ですよね^^;


by 弁慶 (2010-02-17 06:15) 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。